新しい葬式の在り方!家族葬で負担を減らそう

葬儀で失敗しないために知っておくべきこと

多様化する葬儀のカタチ

昔は葬儀と言えば、親戚や近所の人々、会社の関係者など大勢の人々が参列し行うのが一般的でしたが、最近では、様々な理由から小規模な葬儀が好まれるケースが増えているようです。ここでは、なぜ今葬儀の小型化が進んでいるかを説明していきたいと思います。

一般葬から家族葬へ

人は生まれた以上、いつか必ず死を迎えます。あまり考えたくはないことですが、大切な家族ともいつか別れなければなりません。
そんな大切な人を弔い、送る儀式が葬儀です。
一言で葬儀と言っても種類はどのようなものがあるのか、準備はどうしたらいいのか、費用はいくらかかるかなど、わからないことが多いですよね。
家族が亡くなり、いざ葬儀の準備をしなくてはいけなくなった場合、ただでさえ大切な家族を失い深い悲しみにくれている時に、そのような慣れない作業をしなくてはいけない事は、とても負担が大きいです。また親戚や葬儀会社などと揉めてトラブルになったという話もよく聞きます。
その時の心の負担を少しでも和らげ、トラブルもなくスムーズに葬儀を執り行う為にも、葬儀の事をある程度理解し、普段から家族や親族と葬儀の規模や形式、費用の負担のしかたなどを、よく相談しておくことも大切だと思います。
近年、その葬儀のカタチが変わってきているようです。
葬儀の種類は、規模によって大きく2つに分類できます。
故人の知人・友人、職場関係者、近所の人など大勢が参列する従来型の大規模な葬儀を一般葬と呼ぶのに対して、家族や親族、少数の親しい友人だけで行う小規模な葬儀を家族葬と呼びます。最近、その家族葬を選ぶ人が増えてきているそうです。
このサイトでは、特に最近増えているという家族葬に焦点をあて、葬儀を執り行う上で押さえておいたほうが良いポイントなどをまとめました。

おすすめリンク

家族葬のメリットとデメリット

何事にもメリットがあれば、当然デメリットも存在します。それは家族葬にも同じことが言えます。家族葬を執り行う場合、その事をしっかり理解しておかないと、後々、トラブルの原因になってしまうかもしれません。 ここでは家族葬のメリットとデメリットを紹介していきたいと思います。

葬儀業者選びで失敗しないために

悔いの残らない葬儀をするためには、葬儀業者の選び方も重要です。安易に値段が安いなどの理由だけで判断するのは危険ですし、また、大手だから良いとは限りません。 自分がどうゆう葬儀を行いたいか、故人がどのような葬儀を望んでいたかなどをよく考えて選びましょう。