葬儀で失敗しないために知っておくべきこと

家族葬のメリットとデメリット

家族葬のメリットとは?

家族葬のメリットは、
・一般葬に比べて、費用を低く抑えられる。
 参列者が少ないため、会場費や、飲食費、返礼品の費用を押さえることができます。
・参列者が近親者や親しい友人に限られるので、気を使う事が少なく、精神的な負担が軽減できる。
 参列者が多い一般葬に比べると応対などに取られる時間も少なくすむので、ゆっくりと静かに故人とのお別れに集中することができます。
・葬儀はこうでなくてはならないというこれまでの形式にとらわれる必要もないので家族・親族が思い通りに自由な演出が可能。
 宗教色を無くした無宗教葬にしたり、展示コーナーで故人の思い出の写真やビデオ流したり、故人が好きだった音楽を流したりと様々なアレンジができます。

家族葬のデメリット

今度は反対に、デメリットの方を挙げていきます。
・葬儀に参列できなくて不満に思う人が出てくる。
 参列者を限定することでお別れができなくて不満に思う人もいるかも知れません。また、葬儀の後に弔問客が来たり、香典だけでも渡したいという方もでてくるかもしれないので後々対応に追われる可能性もあります。
・親類などから理解を得られず、トラブルになる。
 特に昔からの葬儀にこだわりのある方は、年配になるほど多いかもしれません。
・香典収入で葬儀費用を賄えない。
 家族葬で費用を抑えるつもりが、かえって高くついてしまったなんてゆうケースもあります。

このように負担を軽くするために家族葬を選択したのに、かえって負担が大きくなってしまったなんて場合も考えられるので、それぞれ、メリットとデメリットの両方をよく理解しておきましょう。